FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

達也の日記

日記です

デジカメ買い損ね

H子が月曜日から修学旅行で超古いデジカメを持って行こうとしていたので新しいデジカメを買う良い機会だと思い、コジマ電気→ヤマダ電機というルートでデジカメを見に行った。

コジマ電気では展示してあるデジカメの種類が少なく、ヤマダ電機に行ったら種類も豊富でポイント還元率も良く、帰ってから『価格com』で調べたweb上の最安値と遜色が無い。(web上の方が多少(2~3千円)安いのと、ポイント還元ではなく現金割引なのでやっぱりちょっとお得感があるけれど)

機種選定の基準としてはまず電源が専用バッテリーではなく単三乾電池式であることと、手ブレ補正機能が付いていることぐらい。あとは小さくて安ければ言うこと無し。

店頭でじっくり実機を見た結果、自分的にはキヤノンの光学10倍ズームが付いているPowerShotSX120ISを買おうかなという気になった。
POWERSHOTSX120IS

29800円にポイントが10%付いて実質27000円位。web上での最安値は23000円なので差額は4千円か。体感では『webと比べても3000円位しか変わんないんだな~』と思ってたけど、実際は4千円程違うのね。衝動買いせずいったん家に帰ってwebで確認したら店で買う気が失せてしまった。

お店では同じくキヤノンのもうちょい安い単三電池機とどっちか迷っていた。PowerShot A1100IS。
POWERSHOTA1100IS

こっちは19800円のポイント10%で実質18000円位。web上の最安値が16500円だから差額は1500円程度。

光学ズームが4倍止まりで、全体的にちゃちぃ感じになる。でも、俺の性格からして、こっちを買っても後悔はしないと思うんだよなぁ。とか、いろいろ考えてたらとりあえず店頭では買わずに帰って来てしまった次第。

んで結局、H子には俺の使ってる古いデジカメ(カシオのQV-3000EX)を使ってもらうことにして、今回の購入は見送りすることに。

でもそのうち買ってしまいそうだ。やっぱSX120ISの方かな~。

ちなみに店頭で勧められたのはリコーのCX1といういかにもカメラ!って感じの無骨なデザインのゃっ。
CX1

デザインがこうなら、性能もそこらのコンパクトデジカメとは一線を画している(らしい)。これも帰ってから価格コムのクチコミ掲示板で読んだんだけどまず書き込みの件数がケタ違いに多いし売れ筋ランキングでも3位に入っている。

店頭での販売員の説明だと、デジカメは青とか赤とかを認識して再現するのは得意だけど、紫色の物を忠実に再現するのが苦手、でもこのCX1は紫色のものでも忠実に再現することができるということだった。

実際に軸が紫色のボールペンを写して(デジカメの背面にあるモニターに表示させて)見せてくれたが確かにPowerShotSX120ISのモニターに映し出されたボールペンは紫というより少し青みがかった紫(要するに青紫)に見えた。CX1の方は目で見たまま忠実に紫色に表示している。

だけどねえ、背面モニターに忠実に映し出しても、それをそのままデータとして保存してくれるかどうかってのはまた別の話だし、それをまたそのままの色でカラープリンターで印刷してくれるかっていうとまた更に環境の違い、プリンターメーカーの違い、紙質やインクの違いなどが出てきてなかなかデータに忠実な色で再現してはくれんのですよ。普段さんざん仕事で苦労している部分だわな。

ただ、明暗のコントラストがはっきりしている写真では暗い部分がツブれがちになってしまうけど、CX1はそういう影の部分にも潰れずにちゃんと写っているとのことで、サンプル出力を見せてくれたがそれは確かにその通りだった。

PowerShotSX120ISよりも更にワンランク上のデジカメって感じだけど、金額的には1000円かそこらしか違わない。思わず『ん~、コレもいいな~』と欲しくなってしまったが、単三電池式じゃないんだよなぁ。

ま、結局今回はただ見ていろいろ検討しただけになりました。勉強になった。

押し→ビジネスブログ100選←てね~
スポンサーサイト



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

googleの広告

二日前のブログに告別式のことを書いたところ、勝手に表示される広告が『葬儀関係』のものばかりになった。

googleKOUKOKU

いちおう画像を載せるけど、いま書いているこの記事自体、告別式と書いているので葬儀関係の広告ばかりになるかも。


google恐るべし!

押し→ビジネスブログ100選←てね~

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記